メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ISPS Handa Melbourne World Cup of Golf

ベルギーと韓国が我慢のゴルフで通算10アンダー首位タイ(PGA Tour)

情報提供:PGA Tour

ISPSハンダ ワールドカップ・オブ・ゴルフ 2日目

ISPSハンダ ワールドカップ・オブ・ゴルフ/豪州 ザ・メトロポリタンGC

雨と強風で多くのチームが大苦戦

 フォアサム(1つのボールを2人が交互に打ってプレー)で行われた大会2日目。冷たい強風と雨が吹きつける厳しいコンディションの中、ベルギーチームと韓国チームが首位タイとなった。

MORE:ISPSハンダ ワールドカップ・オブ・ゴルフの最新スコアはここをクリック!

 ベルギーのトーマス・ピータース/トーマス・デトリー組は、1アンダー71でプレー。通算10アンダーとし、初日に首位タイで発進した韓国のアン・ビョンフン/キム・シウ組(イーブンパー72)に並んだ。

 イタリア、インド、マレーシア、イングランドの4チームが、首位と2打差の通算8アンダー3位タイで追う。

 ザ・メトロポリタンGCはこの日、時折、激しい雨に見舞われた。ただでさえシビアなフォアサム形式の下で、選手たちの忍耐力が試された。

 10番パー4でイングランドのティレル・ハットンはティーショットを林に打ち込んだ。機嫌を悪くしたハットンは、腹いせにドライバーでティーマーカーを叩き潰した。

 チームメイトのイアン・ポールターは林の中からの第2打でペナルティーを宣言し、イングランドチームはこのホールでボギーを叩いた。

 続く11番パー4。ボールはバンカーにできた水たまりで止まった。ハットンは10分間、水が引くのを忍耐強く待った。

 運営側はこれを認めたが、ハットンが打った次のショットは再び水たまりに落ちた。ポールターはようやく次のショットでボールをグリーンに運び、結果はボギーだった。

 初日首位発進したイングランドチームは、2オーバー74でホールアウトし、首位と2打差の通算8アンダー3位タイに後退した。

インドがイーブンパー72と持ちこたえ、首位と2打差の通算8アンダー3位タイ Photo by Scott Barbour/Getty Images

 インドチーム(アニルバン・ラヒリ/ガガンジート・ブラー)はイーブンパー72で回り、通算8アンダー3位タイにつけた。

「これまでのゴルフ人生でも指折りのタフなラウンドだったよ。でも、2人は非常にうまくプレーできたと思うよ。簡単ではなかったけどね」(ラヒリ)

 地元豪州のマーク・リーシュマン/キャメロン・スミス組は4オーバー76と崩れた。初日の首位タイから、首位と4打差の通算6アンダー8位タイまで順位を落とした。

 米国のマット・クーチャー/カイル・スタンリー組も、7オーバー79と大崩れした。14番パー5から最終18番パー4までの5ホールでは5連続ボギーを叩き、雨の中でプレーを早く切り上げたいかのように見えた。

 初日の6アンダー66と比べると13打も多かった。順位を8つ下げ、28チーム中21位タイ(通算1オーバー)まで後退した。

メキシコがこの日のベストスコアとなる2アンダー70をマークし、通算7アンダー7位に浮上した Photo by Scott Barbour/Getty Images

 この日、アンダーパーでプレーしたのはわずか4組だった。80台のスコアを叩いたチームは5組に達した。

 先週のオーストラリアン・オープンで優勝したアブラハム・アンサーとロベルト・ディアズのメキシコチームは、2アンダー70とこの日のベストスコアをマーク。ボギーを叩いたのは18番パー4だけだった。

 2人は、後続のグループよりも約1時間早くホールアウト。雨脚が強まる前にプレーを終えることができた。通算7アンダー7位に浮上した。

 アンサーは、これだけ雨が降ったにもかかわらず、コースの状態がそれほど悪化しないことに感心していた。

「完全にプレーが不可能になると思っていたよ。でも、悪くなかった。ところどころに水たまりはできていたけれど、フェアウェイの状態は申し分なかった。このコースはすごい量の雨水を吸収できるようだ」(アンサー)

 2日目のプレー開始時の気温は摂氏13度だったが、1日を通じて1度しか上昇しなかった。時速35キロメートルの強風のせいで、体感温度はずっと低く感じられた。

 3日目のフォーマットは、初日と同じフォアボール(2人がそれぞれ自分のボールをプレーし、ホールごとによいほうのスコアを採用)に戻る。最終日は再びフォアサムで行われる。


情報提供:PGA Tour

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  2. 「私がやったことではない」容疑者は否認 拳銃強奪
  3. 容疑者、都内のゴルフ場でアルバイト 幼少期から高校生まで吹田で暮らす 拳銃強奪
  4. 食戟のソーマ 「ジャンプ」のグルメマンガが7年の連載に幕 その後描く特別編も
  5. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです