メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

25年大阪万博

開催決定 医療・健康の次世代描く AIやIoT活用

2025年大阪万博で検討されている「未来社会」

 2025年に開催する2度目の大阪万博では、「いのち輝く未来社会のデザイン」をテーマに“未来社会”が描かれる予定だ。【藤顕一郎】

 政府の構想では155ヘクタールの会場を「未来社会の実験場」と位置づける。人工知能(AI)や仮想現実(VR)などの先端技術を駆使。1970年大阪万博の「太陽の塔」や過去の万博の遺産を拡張現実(AR)や複合現実(MR)の技術で体感できる仕組みも検討する。

 テーマとなる健康については、モノのインターネット(IoT)を活用して、来場者が健康状態を「バイタル…

この記事は有料記事です。

残り954文字(全文1194文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  3. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  5. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです