メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

4K・8K

臨場感堪能 BSと110度CS、来月から実用放送 新規視聴者獲得へ、番組で「性能」訴え

 超高精細映像4K・8Kの実用放送が12月1日、BSと110度CSでスタートする。視聴者は家庭にいながら、従来のハイビジョン(2K)放送を上回る高画質の映像や立体感のある音響で、現場にいるかのような臨場感が味わえる。各テレビ局はそんな特性を生かしやすい紀行番組やドラマなどを4Kや8Kで制作し、新たな視聴者獲得を目指す。主なチャンネルの番組を紹介する。【屋代尚則】

この記事は有料記事です。

残り2001文字(全文2183文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  4. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  5. 韓国軍の竹島訓練に外務省抗議「あきれるほど無神経」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです