黒党祭

1995年に復興、「伝統忍者」が演武や術を奉納 伊賀・敢国神社 /三重

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
迫力ある演武を披露する「伝統忍者集団・黒党」ら=三重県伊賀市一之宮の敢国神社で、衛藤達生撮影
迫力ある演武を披露する「伝統忍者集団・黒党」ら=三重県伊賀市一之宮の敢国神社で、衛藤達生撮影

 伊賀市一之宮の敢国神社で23日、忍者の術を奉納する「黒党(くろんど)祭」があった。国内外で忍者パフォーマンスを見せている「伝統忍者集団・黒党」らが刀や縄を使い、術を演じた。

 平安末期、伊賀服部一族の私的な祭りを敢国神社で催すようになったのが起源と伝わる。神輿(みこし)に従う一族が黒装束に身を包む奇祭だったが、開催に費用がかかり、徐々…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文422文字)

あわせて読みたい

注目の特集