メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

祇園小唄祭

長く、愛されて 舞妓が朗読、顕彰 東山・円山公園 /京都

「祇園小唄」の歌詞を朗読する舞妓のふく友梨さん(左)ととし七菜さん=京都市東山区の円山公園で、川平愛撮影

 舞妓(まいこ)の心情と京都の四季をうたった昭和の名曲「祇園小唄」を顕彰する「祇園小唄祭」が23日、京都市東山区の円山公園であった。

 赤く色づいたモミジを背景に、宮川町の舞妓、ふく友梨さん(16)、とし七菜さん(17)が歌詞を朗読し、歌碑に献花した。

 祇園小唄は、昭和初期に京都で遊んだ作家、長田幹彦…

この記事は有料記事です。

残り217文字(全文367文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  2. 特集ワイド 「れいわ新選組」旗揚げ2カ月、寄付金2億円突破 「ポピュリストで結構」 消費税廃止、野党に亀裂も
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです