メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

とっとり・キャンパる

「勝負の世界」もう一度 ソフトテニスリーグ戦、上位目指す /鳥取

 私は、鳥取大学の体育会ソフトテニス部に所属しています。入った理由は、高校最後のインターハイで、団体戦3位に入り勝つことの楽しさを味わい、もう一度、勝負の世界で頑張りたいと思ったからです。

 男子20人、女子6人で活動しており、週に4~5日は練習しています。今年の夏もたくさんの試合に出場しました。

 その一つ目は中国学生ソフトテニス選手権大会(通称リーグ)です。リーグ戦はダブルス2、シングルス1の計5人の団体戦で、勝利数で決まります。今回のリーグで女子は1部に昇格することができました。4年生と1年生のペアが確実に勝ってくれたことも要因の一つです。まずはこのリーグで上位を目指せるように取り組んでいます。

 二つ目は、島根大との定期戦です。島根大の練習に2日間参加し、最後にリーグ戦を想定した模擬戦を行いました。初日の夜には、島根大の選手たちと一緒に食事をしたり話をしたり。テニスについて自分とは違った視点からのアドバイスをもらうことができました。この定期戦を毎年楽しみにしています。

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文761文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイ首相、改憲手続き表明 臨時国会で デモの早期沈静化図る

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 04年政府文書「首相の任命拒否想定しない」 学術会議、現行の推薦方式導入時に

  4. 札幌で最多46人感染 芸能事務所でクラスター「メンバー体調不良でもイベント」

  5. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです