メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
八代妙見祭

歴史絵巻を堪能 観客20万人 /熊本

 熊本県八代市で23日、約380年の歴史を持つ八代妙見祭の神幸行列があり、40の出し物が市内中心部を練り歩いた。約20万人(主催者発表)の観客が、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録された歴史絵巻を楽しんだ。

 神幸行列は1・5キロもの長さがあり、雄と雌の赤い獅子を先頭に奴(やっこ)や神馬(しんめ)、甲冑(かっちゅう)武者、…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文425文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです