メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ・ワイド

韓国最高裁 元徴用工賠償判決=回答・堀山明子

 韓国最高裁は先月30日、新日鉄住金に対し、韓国人元徴用工(ちょうようこう)の原告4人に1人あたり1億ウォン(約1000万円)の賠償(ばいしょう)を命じました。日本政府は「日韓関係の法的基盤(きばん)を根本から覆(くつがえ)すものだ」(河野太郎外相)と強く反発しています。外交問題に発展した確定判決の背景と課題を整理しました。

この記事は有料記事です。

残り2196文字(全文2359文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  3. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  4. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

  5. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです