連載

土記

科学取材の経験が豊富な青野由利専門編集委員のコラム。

連載一覧

土記

キログラムは永遠に=青野由利

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <do-ki>

 話を聞くと秘密の儀式のようだ。1889年から仏パリ近郊の地下金庫に鎮座する1キログラムの分銅、通称「ル・グランK」。扉に三つの錠があり、3人が鍵を持つ。世界にコピーが存在し、数十年に1度、担当者がコピーを携えて訪れ、重さを照合する。

 この白金イリジウム合金の分銅こそ、130年近く質量の単位(重さの基準)として君臨してきた「国際キログラム原器」だ。

 その「統治」が来年5月に終わる、という話は先週報じられた通り。代わりに君臨するのが「プランク定数」と呼ばれる極小の物理定数だ。

この記事は有料記事です。

残り767文字(全文1014文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集