メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
土記

キログラムは永遠に=青野由利

 <do-ki>

 話を聞くと秘密の儀式のようだ。1889年から仏パリ近郊の地下金庫に鎮座する1キログラムの分銅、通称「ル・グランK」。扉に三つの錠があり、3人が鍵を持つ。世界にコピーが存在し、数十年に1度、担当者がコピーを携えて訪れ、重さを照合する。

 この白金イリジウム合金の分銅こそ、130年近く質量の単位(重さの基準)として君臨してきた「国際キログラム原器」だ。

 その「統治」が来年5月に終わる、という話は先週報じられた通り。代わりに君臨するのが「プランク定数」…

この記事は有料記事です。

残り781文字(全文1014文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 米政府、異例の「失望」声明 韓国GSOMIA破棄に改善促す

  4. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  5. 責任能力ない男性の突き飛ばし事件 両親の監督義務なし 遺族の賠償請求棄却 大分地裁判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです