メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

動くか日露

北方領土交渉/中 「4島」「2島」方針揺れ 歴代政権、期待と頓挫

 「ソ連と日本の議会が共同宣言(1956年)を批准したが、日本側は履行を拒否した」。ロシアのプーチン大統領は安倍晋三首相と会談した翌15日、記者会見で日本への不信感を口にした。北方領土を巡り、過去の日本の交渉方針が揺れ続けてきたことが背景にある。

 日ソ共同宣言以降、日露の領土交渉は2度動きかけたが、日本側の「4島一括返還」への揺り戻しもあり、頓挫してきた。

 宣言は「平和条約締結後、歯舞群島と色丹島を引き渡す」と明記したが、その後米ソの東西冷戦が激化。ソ連…

この記事は有料記事です。

残り956文字(全文1185文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都立高部活 顧問教諭の動作で前歯2本折れ 元女子生徒が提訴

  2. 本当に住みやすい街大賞で埼玉・川口が1位 都心アクセス良く、商業施設も充実

  3. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  4. 「注文から提供まで30秒以内」達成困難な目標で不当解雇 元社員がマクドナルド提訴

  5. 交通安全願い製作 高校生がキーホルダー /三重

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです