メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

「盗撮罪」創設

上谷さくら氏

 スマートフォンの普及で増加する盗撮行為。被害拡大を受け、現行法には取り締まりの「抜け穴」があるとして、刑法改正による盗撮罪の創設を求める動きが出ている。一方、刑法による摘発は慎重を期すべきであり、創設は時期尚早との意見も。いつ誰が被害に遭ってもおかしくない盗撮。どう対処すればいいのか。【聞き手・椋田佳代】

この記事は有料記事です。

残り2753文字(全文2907文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見
  2. 元「歌のお兄さん」に有罪判決 覚醒剤使用 東京地裁 
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 逮捕前のゴーン前会長、西川社長の更迭計画 米紙報道
  5. 元駐日仏大使「国際社会で日本が信頼失う事態に」 ゴーン前会長逮捕に強い不快感

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです