メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メイ英首相

EU離脱合意案、国民に訴え 議会承認見通せず

首相官邸前で報道陣に話すメイ首相=ロンドンで22日、ロイター

 【ロンドン矢野純一】欧州連合(EU)離脱を巡る合意案の英議会での承認に向けて、メイ首相はメディアへの露出を増やして国民に支持を訴える戦略に出ている。国民のメイ氏に対する風当たりは幾分、和らいだものの、80人以上の保守党議員が合意案に反対しているとの報道もあり、議会での承認は危うい情勢となっている。

 「国民が求める明るい未来への道筋となる良い合意は手の届くところにある」。メイ氏は22日、首相官邸前でメディアを通じて国民に直接、合意案への支持を呼びかけた。

 今月14日に閣議で合意案を了承して以降、官邸前での声明発表は2度目。18日には英テレビの人気キャスターのインタビューに応じた。23日には、16日に続いてラジオ番組に出演してリスナーの質問に答えた。英産業連盟の19日の年次総会では「経済全体のために合意実現に向けて努力してきた」と演説した。

この記事は有料記事です。

残り456文字(全文830文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「GoTo」反対署名、5日間で9万人超 「その予算を医療現場や被災地に」

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 丸岡いずみさん、コロナ陽性で入院 夫の有村昆さんがクラスター発生の劇場で感染

  4. 政権がGoToを強行する理由 アクセルとブレーキ同時に踏む「むちゃ」

  5. 稲田氏ピンチ リベラル色の女性政策に保守派から「ついていけない」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです