メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「安息の地」へ

同時進行ルポ 22日・サンディエゴ 立ちはだかる米当局

米西部サンディエゴのサンイシドロ国境検問所で警察官(手前)に立ち入りを止められ、一時閉鎖訓練の終了を待つ人たち=22日

 中米ホンジュラスなどから治安悪化や貧困を逃れ米国を目指す移民集団「キャラバン」は、メキシコ北西部の国境の街ティフアナに約4500人が集まり、さらに増えつつある。トランプ米大統領が反移民の強硬姿勢を示す中、米税関・国境警備局はカリフォルニア州サンディエゴで、不法入国を想定しサンイシドロ国境検問所を一時閉鎖する異例の訓練を行った。

 「これから訓練が始まる。しばらく通れない」。検問所前の広場で、立ち入りを規制する警察官約10人が市民に声を上げた。訓練は午後2時から、約10分で終わった。それでも1日に10万人以上が往来する検問所の広場には、瞬く間に数百人の人だかりができた。

この記事は有料記事です。

残り623文字(全文910文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  2. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  3. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  4. 「客足さっぱり」「暇です」感染被害の「しょうゆ発祥の町」を歩く 和歌山・湯浅、新型コロナ1週間

  5. 検事長定年延長、法解釈変更文書に日付なし 野党反発「奇妙な珍答弁」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです