メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

お歳暮

送料上げ、続々 物流の人手不足深刻

 百貨店など小売り各社が相次いで、お歳暮の配送料の値上げに踏み切った。物流業界の深刻な人手不足で運送費が値上がりしており、各社の企業努力だけでは吸収しきれなくなったためだ。通常は12月初旬以降に集中する配送を、11月などに分散させようとする取り組みも出てきている。

 松屋は今年から平均で送料を4割値上げした。例えば10キログラム以内の品を銀座から首都圏の一部に配送する場合、昨年は324円だった送料が648円に引き上げられた。値上げは25年ぶりで、担当者は「配送業者も百貨店も長年我慢してきたが、耐えきれなくなった」と話す。

 大丸松坂屋百貨店は昨年まで無料や324円だった送料を今年から全国一律で486円に値上げした。配送コ…

この記事は有料記事です。

残り406文字(全文718文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

  3. 沢尻容疑者代役に川口春奈さん 大河ドラマ「麒麟がくる」帰蝶役

  4. 丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定

  5. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです