メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全日本実業団対抗女子駅伝

あす号砲 女王の座目指し22チーム たすきつなぎ宮城駆ける(その2止)

予選会の1区でスパートする積水化学の佐藤早也伽(手前)=福岡県宗像市で10月21日、徳野仁子撮影

ノーシード勢に勢い

 最近は予選会をステップに本番で好走するチームが目立っている。2016年は予選会8位の日本郵政グループ、17年は2位のパナソニックと2大会連続でノーシードのチームが優勝した。本番の約1カ月前に実施される予選会をどう生かしたのか。前回大会で8位以内のシードチームを上回った要因を探った。

 16年の日本郵政はリオデジャネイロ五輪代表の関根花観(はなみ)らを擁し、前評判が高かった。予選会で…

この記事は有料記事です。

残り1702文字(全文1903文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

  2. ORICON NEWS “二代目磯山さやか”元AKB48・大和田南那、初写真集は「100点!」

  3. 前田「ほなみ」は名作ドラマが由来 補欠からマラソン界のヒロインに

  4. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  5. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです