メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全日本実業団対抗女子駅伝

あす号砲 女王の座目指し22チーム たすきつなぎ宮城駆ける(その2止)

予選会の1区でスパートする積水化学の佐藤早也伽(手前)=福岡県宗像市で10月21日、徳野仁子撮影

 最近は予選会をステップに本番で好走するチームが目立っている。2016年は予選会8位の日本郵政グループ、17年は2位のパナソニックと2大会連続でノーシードのチームが優勝した。本番の約1カ月前に実施される予選会をどう生かしたのか。前回大会で8位以内のシードチームを上回った要因を探った。

 16年の日本郵政はリオデジャネイロ五輪代表の関根花観(はなみ)らを擁し、前評判が高かった。予選会でも上位が予想されたが、1区の出遅れが響いて苦しいレースになった。危機感を強めた選手たちは、主力と控え選手の垣根を無くし、強化のあり方を改めて話し合った。意思疎通を図って結束したチームは状態が上向き、全日本初優勝へと結実した。

 一方、17年のパナソニックは予選会で1区の森田香織が区間2位、2区の渡辺菜々美と3区の堀優花が区間賞と若手が快走し、自信を手にした。全日本も1~3区は同じ顔ぶれで臨み、3連続区間賞と序盤で流れをつかんだ。2位のダイハツもノーシードだった。

この記事は有料記事です。

残り1479文字(全文1903文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 帝国劇場が4公演中止 従業員が新型コロナ感染

  2. 名古屋の飲食店、新たに4人感染 クラスターの可能性、市検査 新型コロナ

  3. 新型コロナ 「ぜひ旅行なさって」 「GoTo」に横浜市長 /神奈川

  4. 「今、藤井聡太の将棋が面白い」 中原誠十六世名人が見る新棋聖

  5. 全国で新たに622人確認 3カ月ぶり600人超え 緊急事態解除後、最多

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです