メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森健の現代をみる

障害者雇用の不正問題 今回のゲスト 藤井克徳さん(その2止)

定期的な情報公開必要 ペナルティーで再発防止

 森 官公庁の不正再発を防ぐために、何が必要でしょう。

 藤井 法的根拠を有した監視システムの下、官公庁が法定雇用率を満たしているかの定期的な点検。また守らない場合の措置が必要です。ドイツやフランスは公的機関が雇用率を守れない場合、その機関が自分たちの予算から納付金を払います。日本は、民間企業には納付金を課しておきながら、公的機関にはありません。日本の障害者雇用政策はドイツに学んでいますが、都合のいいところだけ引っ張るのではなく、政策の根幹や本質を取り入れるべきです。

この記事は有料記事です。

残り899文字(全文1156文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  2. 日高線運休区間グーグルマップから消える 関係者困惑
  3. デサント 社内融和、ブランドイメージ立て直し急務
  4. 質問なるほドリ TOBなぜするの? 市場外で株式買い増し 経営見直し迫る=回答・釣田祐喜
  5. 合成麻薬、大麻所持の疑いで中3女子逮捕 「ネット通じ購入」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです