メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森健の現代をみる

障害者雇用の不正問題 今回のゲスト 藤井克徳さん(その2止)

定期的な情報公開必要 ペナルティーで再発防止

 森 官公庁の不正再発を防ぐために、何が必要でしょう。

 藤井 法的根拠を有した監視システムの下、官公庁が法定雇用率を満たしているかの定期的な点検。また守らない場合の措置が必要です。ドイツやフランスは公的機関が雇用率を守れない場合、その機関が自分たちの予算から納付金を払います。日本は、民間企業には納付金を課しておきながら、公的機関にはありません。日本の障害者雇用政策はドイツに学んでいますが、都合のいいところだけ引っ張るのではなく、政策の根幹や本質を取り入れるべきです。

この記事は有料記事です。

残り899文字(全文1156文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 日産、全契約社員を正社員に 国内拠点の事務職800人弱 4月から

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 変異株の感染確認、なぜ静岡で 英国滞在歴なし 厚労省クラスター班調査へ

  5. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです