柔道

グランドスラム大阪 阿部詩、連覇 女子52キロ級

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
女子52キロ級決勝で角田を攻める阿部(右)=久保玲撮影
女子52キロ級決勝で角田を攻める阿部(右)=久保玲撮影

 柔道のグランドスラム(GS)大阪大会が23日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪で開幕し、男女計4階級が行われた。女子52キロ級は9月の世界選手権優勝の阿部詩(兵庫・夙川学院高)が2連覇。同じ年の世界選手権とGS大阪で優勝し、来年の世界選手権(東京)の代表に内定した。兄で男子66キロ級世界選手権2連覇中の阿部一二三(日体大)は決勝で丸山城志郎(ミキハウス)に敗れて3連覇を逃した。

 男子60キロ級では9月の世界選手権銅メダルの永山竜樹(東海大)が2年ぶり2回目の優勝。世界選手権2連覇中の高藤直寿(パーク24)は初戦の2回戦で反則負けした。女子48キロ級は2017年世界選手権を制した渡名喜風南(パーク24)が初優勝した。

この記事は有料記事です。

残り810文字(全文1123文字)

あわせて読みたい

注目の特集