メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

翔ける

宮城からTOKYOへ クイーンズ駅伝/下 未完の大器、才能開花 山ノ内みなみ(25)=京セラ

10月の予選会で好走し、笑顔でたすきをつなぐ京セラの山ノ内みなみ=森園道子撮影

 <翔ける(かける)>

 無名の存在から、彗星(すいせい)のごとく陸上界へ現れた。

 今季は5000メートルで日本選手権3位に入り、初出場のジャカルタ・アジア大会で6位入賞。指導する京セラの佐藤敦之監督は、遅咲きの25歳のランナーを「規格外」と驚きを交えながら高評価した。

 その歩みは異例だ。中学時代は全国レベルの選手で、潜在能力は高かった。高校は通信制の福島・郡山萌世高に進学したが陸上部はなく、1人で練習に明け暮れた。

 卒業後の進路は実業団からの誘いもあったが、厳しい環境が嫌ですべて断った。有料の会員制市民マラソンク…

この記事は有料記事です。

残り629文字(全文888文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  3. 3分でわかる政治の基礎知識 眞子さま、佳子さまは… 配偶者や子どもも皇族?女性宮家

  4. 半グレ集団「モロッコ」幹部逮捕へ バーで少女働かせた疑い 大阪府警

  5. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです