体操

個人総合スーパーファイナル 白井、初代王者

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
個人総合スーパーファイナルで優勝して笑顔を見せる白井(左)、右は2位の三輪=佐々木順一撮影
個人総合スーパーファイナルで優勝して笑顔を見せる白井(左)、右は2位の三輪=佐々木順一撮影

 今年新設された体操男子の「個人総合スーパーファイナル」が23日、群馬県高崎市の高崎アリーナで行われ、世界選手権個人総合7位の白井健三(日体大)が85・497点で初代王者に輝いた。全国高校総体覇者の三輪哲平(大阪・清風高)が84・132点で2位に入り、萱和磨(順大)が83・765で3位。

 大会は2020年東京五輪に向けて個人総合選手の強化が目的で、国内個人総合トップ12選手が争った。内村航平(リンガーハット)は足首のけがの影響で出場しなかった。

この記事は有料記事です。

残り490文字(全文714文字)

あわせて読みたい

注目の特集