メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

体操

個人総合スーパーファイナル 白井、初代王者

個人総合スーパーファイナルで優勝して笑顔を見せる白井(左)、右は2位の三輪=佐々木順一撮影

 今年新設された体操男子の「個人総合スーパーファイナル」が23日、群馬県高崎市の高崎アリーナで行われ、世界選手権個人総合7位の白井健三(日体大)が85・497点で初代王者に輝いた。全国高校総体覇者の三輪哲平(大阪・清風高)が84・132点で2位に入り、萱和磨(順大)が83・765で3位。

 大会は2020年東京五輪に向けて個人総合選手の強化が目的で、国内個人総合トップ12選手が争った。内村航平(リンガーハット)は足首のけがの影響で出場しなかった。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 丸山衆院議員 聴取欠席へ 「女を買いたい」週刊誌報道、戦争発言など 自民、弁明提案
  2. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  3. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
  4. 特殊詐欺防止 4人に感謝状 磯子署 /神奈川
  5. ファーウェイ排除、中国世論沸騰 習主席は「持久戦」呼びかけ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです