メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

競り

絵文字入りリンゴ 一点ものは10万円 弘前

次々と競り落とされる絵柄や文字が入ったリンゴ=青森県弘前市で2018年11月22日、藤田晴雄撮影

 新春の縁起物の絵柄や「福」などの文字が入ったリンゴの競りが22日、青森県弘前市の弘果弘前中央青果で行われた。今年は七福神をイメージした一点ものが10万円で競り落とされるなど、市場は活気にあふれた。

 競りに出されたのは同市の農家、岩崎智里さん(49)が作った280点。「陸奥」と「スタークジャンボ」に特殊なシールを貼り、来年のえとや鶴亀などをか…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文432文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  2. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  3. 織田信成さんの要求 関大「妥当ではない」と判断 モラハラ訴訟で経緯公表

  4. 「脱皮」のダイオウグソクムシ死ぬ 世界初の前半部脱皮ならず 鳥羽水族館

  5. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです