メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪万博

日本支持した各国代表者あいさつ

南スーダンのラザロアコイ・アラオルックアク駐仏大使=賀有勇撮影

 【パリ賀有勇】大阪万博決定後の23日夜(日本時間24日未明)にパリ市内で日本政府主催のレセプションが開かれた。博覧会国際事務局(BIE)総会で日本に投票した各国政府代表者らも出席し、日本の誘致活動の評価や大阪万博への期待を語った。

南スーダン

 2011年に独立を果たした南スーダンのラザロアコイ・アラオルックアク駐仏大使(56)は、「日本はJICA(国際協力機構)などを通じて常に支援の手を差し伸べてくれた。困ったときに助け合う友として当然のことをした」と投票理由を説明。その上で、「途上国支援に感謝…

この記事は有料記事です。

残り377文字(全文627文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で
  2. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  3. 三菱自動車岡崎の主戦・仲井 独特の投げ方武器に初登板飾る
  4. 「自分のスケート探す」 フィギュア・宇野、今季はメインコーチ不在に
  5. 参院選 後半情勢・毎日新聞総合調査 改憲、3分の2厳しく 1人区で自民防戦

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです