日産前会長逮捕

ゴーン容疑者、メールで報酬偽装指示か

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日産自動車前会長のカルロス・ゴーン容疑者(64)が金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)容疑で逮捕された事件で、ゴーン前会長が、共に逮捕された前代表取締役のグレッグ・ケリー容疑者(62)に役員報酬の過少記載を指示する内容のメールを送っていた疑いがあることが判明した。関係者が取材に明らかにした。東京地検特捜部も2人のメールのやり取りを把握し、共謀関係を示す証拠とみている模様だ。

 関係者によると、ケリー前代表取締役はゴーン前会長からのメールを受け、外国人執行役員と日本人幹部に対し、「前会長の指示」として伝達していたとみられる。指示内容は、毎年の報酬に関する記載を10億円程度に抑えるよう求めるものだったという。

この記事は有料記事です。

残り506文字(全文817文字)

あわせて読みたい

注目の特集