メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

タイ

日本発祥の「授業研究」 果たして根付くか

数直線に小数を書き込む子供たちの様子を見て回るタイの教育関係者ら=バンコク日本人学校で2018年11月22日、西脇真一撮影

 【バンコク西脇真一】日本の教員がどのように「教え方」などの向上を図っているかをタイの教育関係者に知ってもらう「授業研究」が22日、バンコク日本人学校(室賀薫校長)で開かれた。日本型教育を海外で展開し、相手国の教育の底上げを支援する「EDU-Port」(エデュポート)の一環で、同校と関係の深い東京学芸大が携わる。研究主題を設定して公開授業をし、教員同士で分析するという日本発祥の「授業研究」。果たしてタイに根付くか。

 指導する藤井斉亮(としあきら)名誉教授によると、授業研究は日本固有のシステム。明治期に米国から導入…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
  2. トランプ氏、首相とのゴルフ直前にツイート「ゲーリー大好きだ」
  3. 学校ストライキ 「学校行ってる場合じゃない」 地球守れ、世界180万人参加
  4. 首相、トランプ氏「令和初国賓」にこだわり 大相撲観戦アイデアも
  5. 藤井七段が小6の弟弟子に負けちゃった 故郷で12人と同時対局 「鋭い攻めうまい」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです