厚労省

風疹検査無料化、30~50代男性も

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
厚生労働省=東京・霞が関で2015年、竹内紀臣撮影
厚生労働省=東京・霞が関で2015年、竹内紀臣撮影

 今年の風疹の流行に歯止めをかけるため、厚生労働省は抗体を持つ割合が低く感染しやすい30~50代男性に対し、抗体検査の費用を実質無料化する方針を決めた。既に患者の多い地域で、自治体を通して一部男性への補助を始めているが、全国に拡大する。今年度の第2次補正予算案に関連経費を要求する。

 風疹はワクチンで予防できるが、妊婦には接種できない。妊婦が妊娠20週までに感染すると、赤ちゃんに心臓病や難聴、白内障など「先天性風疹症候群」と呼ばれる障害が出る恐れがあり、夫や職場の同僚の感染防止が急がれている。

 しかし、1979年4月より前に生まれた男性は子どものころに公費での予防接種を1回も受けておらず、79~89年度生まれの男性も接種は受けていても1回にとどまる。このため、約1600万人いる30代後半から50代半ばの男性は、約2割が感染を防ぐ抗体を持っていないとされ、実際に今年の流行でも患者の中心になっている。

この記事は有料記事です。

残り295文字(全文698文字)

あわせて読みたい

ニュース特集