メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪万博決定

「おーっ」松井知事ら興奮抑えきれず

2025年万博の大阪開催が決まり、喜ぶ世耕弘成経済産業相ら日本の誘致関係者=パリのOECDカンファレンスセンターで2018年11月23日午後4時59分、幾島健太郎撮影

 【パリ津久井達】現地時間の午後5時前。決選投票での日本の勝利が別室のモニターに映し出されると、世耕弘成経済産業相や大阪府の松井一郎知事らは「おーっ」と叫んで一斉に立ち上がり、抱き合って喜んだ。

 松井知事は「世界がびっくりするような万博にしたい。大阪はこれからもっとよくなる」と興奮を抑えきれない様子で語った。大阪市の吉村洋文市長は「最後までどうなるか分からなかったが、大阪はこれから盛り上がりますよ」と笑顔。1回目の投票で敗れたアゼルバイジャンの関係者からも、日本の勝利を祝福された世耕経産相も「サンキュー」と満面の笑みをみせた。

 これに先立って行われた、2025年国際博覧会(万博)の開催地を決める、23日の博覧会国際事務局(BIE)総会における最終プレゼンテーションで日本は、パナソニック執行役員とジャズピアニストの“二刀流”で世界的に活躍する小川理子(みちこ)さんらを起用。小川さんは「大阪を誇りに思っている」と英語でスピーチした後、名曲「ワンダフル・ワールド」の弾き語りを披露し、大阪・関西の魅力を存分にアピールした。

この記事は有料記事です。

残り675文字(全文1139文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  2. 東京で新たに561人の感染確認 2日連続で500人超 新型コロナ

  3. 気づいたら缶ビール30本 コロナ禍でアルコール依存悪化 断酒会開けず

  4. ヤングケアラー~幼き介護 認知症の母を殺さなかった少女 元ヤングケアラー 27歳の今

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです