メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校ラグビー

新田10大会ぶりの花園切符 愛媛

【新田-三島】後半8分、新田が中央付近のラックから展開し、加藤がチーム2本目のトライ=松山市の県総合運動公園球技場で2018年11月23日午後2時49分、遠藤龍撮影

 第98回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社、全国高校体育連盟、日本ラグビーフットボール協会など主催)の愛媛県予選の決勝が23日、松山市上野町の県総合運動公園球技場であった。第一シードの新田が攻め込んで先手を取り、それを第2シードの三島が粘り強く追い上げる熱戦の末、新田が19-14で三島を降して10大会ぶり46回目の優勝を果たした。新田は12月27日に東大阪市花園ラグビー場で開幕する全国大会に出場する。【遠藤龍】

この記事は有料記事です。

残り644文字(全文857文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声が出なくなった」市川海老蔵さん、歌舞伎座を休演
  2. 「未明に自宅で突然刃物で首を刺された」高2男子が被害 男は逃走 埼玉・蕨
  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです