メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

体操

個人総合SF、白井健三が初代王者に

男子個人総合スーパーファイナルで鉄棒の演技を終え、ガッツポーズする白井健三=高崎アリーナで2018年11月23日、佐々木順一撮影

 今年新設された体操男子の「個人総合スーパーファイナル」が23日、群馬県高崎市の高崎アリーナで行われ、世界選手権個人総合7位の白井健三(日体大)が85.497点で初代王者に輝いた。全国高校総体覇者の三輪哲平(大阪・清風高)が84.132点で2位に入り、萱和磨(順大)が83.765で3位。

 大会は2020年東京五輪に向けて個人総合選手の強化が目的で、国内の個人総合トップ12選手が争った。内村航平(リンガーハット)は足首のけがの影響で出場しなかった。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏相撲観戦 升席で「特別扱い」
  2. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  3. 東京駅八重洲口歩道にタクシー乗り上げ 1人軽傷
  4. 徴用工問題 財団での救済案浮上も文在寅政権は消極姿勢崩さず
  5. 米大統領杯は137センチ、30キロ トランプ氏から朝乃山へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです