メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 楢葉のユズ、たわわに実り 再生のシンボル、収穫始まる /福島

 東京電力福島第1原発事故の避難指示が2015年9月に解除された楢葉町で、特産のユズが収穫期を迎えている。木戸川のサケと並んで、復興を進める町のシンボルにもなっており、「町ユズ研究会」の農家3軒が生産を再開して3年目。事務局長の松本広行さん(63)の畑では、約30年前に植えた約100本の木に直径7センチ前後の大粒の黄色い実がたわわに実り、さわやかな香りを漂わせている。

 町は1980年代後半、当時「栽培の北限」とされていたユズの苗木を希望する農家に提供、町民全世帯にも…

この記事は有料記事です。

残り615文字(全文850文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  2. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  3. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  4. タイヤチェーン 大雪時に装着義務、今冬から13区間で 「夏タイヤ規制が先」の声も
  5. 特集ワイド 道徳教材、透ける「押し付け」 中学教科書、開いてみると…

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです