メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遊ナビ

音楽 /東京

 ■ドレスデン聖十字架教会合唱団 クリスマス・コンサート

     12月4日13時半、東京オペラシティコンサートホール(新宿区・京王新線初台駅)。800年近い歴史があるドイツ・ドレスデン聖十字架教会合唱団の単独公演。9~19歳までの男子150人が各声域を担当している。指揮は同合唱団音楽監督のローデリッヒ・クライレ。今回はクリスマスにちなみ宗教曲の名曲などを披露する。曲目はグルーバー「きよしこの夜」、シューベルトの歌曲集「冬の旅」より「菩提樹」ほか。全席指定5800円。未就学児入場不可。03・5774・3040

     ■埼玉会館ランチタイム・コンサート第37回 トルヴェール・クヮルテット(SAX四重奏)with小柳美奈子(ピアノ)

     12月7日12時10分、埼玉会館大ホール(さいたま市浦和区・JR浦和駅)。須川展也らによる世界トップレベルのサックス四重奏団「トルヴェール・クヮルテット」とピアニストの小柳美奈子が出演。曲目はバッハ(須川展也編曲)「G線上のアリア」、石川亮太作曲の委嘱作品「ナポリ!ナポリ!ナポリ!」ほか。全席指定1000円。未就学児入場不可。0570・064・939

     ■加藤登紀子ほろ酔いコンサート

     12月12日18時半、関内ホール(横浜市中区・馬車道駅)、15日17時/16日15時、よみうりホール(千代田区・有楽町駅)。歌手の加藤登紀子の毎年恒例のコンサート。今年は2枚組みベストアルバム「ゴールデン☆ベストTOKIKO’S HISTORY」を発売するなど精力的に活動した。会場では清酒大関を振る舞い、新しい乾杯ソングも披露する。全席指定6500円。03・3352・3875

     ■アンサンブルφ(ファイ) 華麗なるミューズの饗宴

     12月13日14時、東京文化会館小ホール(台東区・上野駅)。バイオリン=礒絵里子=写真左、ピアノ=宮谷理香=同中、チェロ=水谷川優子=同右。人気、実力を兼ね備えた女性演奏家3人によるユニット「アンサンブルφ」がピアノ三重奏曲やそれぞれのソロの楽曲を披露する。ユニット名に含まれる「φ」は黄金比を表す記号で、美しく上質な音楽に挑戦し続けたいとの願いが込められている。曲目はエルガー「愛のあいさつ」、ドボルザーク「ピアノ三重奏曲第4番 ドゥムキー」ほか。全席指定4500円。未就学児入場不可。03・3226・9999

     ■ミュンヘン国際音楽コンクールピアノ三重奏部門第1位記念 葵トリオ 凱旋リサイタル

     12月14日19時、サントリーホールブルーローズ(港区・地下鉄六本木一丁目駅)。今年9月の「第67回ミュンヘン国際音楽コンクール」のピアノ三重奏部門で日本人団体史上初の第1位となった「葵トリオ」の凱旋(がいせん)公演。メンバー3人はサントリーホール室内楽アカデミー第3期生として出会い、2016年に結成された。曲目は同コンクールファイナルで披露したシューベルト「ピアノ三重奏曲第2番 変ホ長調」ほか。指定席4000円、サイドビュー2500円。未就学児入場不可。0570・55・0017(休館日除く10~18時)

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
    2. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
    3. 「自分の息子信じたい」被告の両親通報せず 妹は通報提案 野田・女児虐待死
    4. 丸山穂高議員、露に謝罪の維新を批判
    5. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです