メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

正念場

宮津市・財政危機/上 「攻めの投資」裏目に 大型事業で借金急増 /京都

京都府宮津市が示した赤字の見通し。3年後に19億円。「倒産」が目前に迫る=安部拓輝撮影

 10月4日の宮津市議会全員協議会。5年間の財政見通しを示した森口英一総務部長は「ショッキングな数字が並んでいる」と切り出した。累積赤字は2年後に11億円、3年後には19億円。宮津市の財政規模では累積赤字が12億円を超えた時点で事実上の倒産を意味する。森口部長は言い添えた。「この厳しさを市職員さんにも知ってもらいたい」。その一言は、市の職員ですら財政危機の実感が薄いことを物語っていた。【安部拓輝】

 宮津市では2013年から湾岸の埋め立て地で大型事業が相次いだ。観光情報センターと向かいの商業施設に…

この記事は有料記事です。

残り916文字(全文1166文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  3. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  4. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  5. 後絶たぬ高齢ドライバーの事故 操作ミス原因が最多

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです