メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

1000人の金田一耕助

金田一、真備を歩く 121人仮装、被災地応援 /岡山

金田一耕助らにふんして、西日本豪雨で浸水被害にあった岡山県倉敷市真備町地区を歩く参加者たち=平川義之撮影

 推理小説作家・横溝正史(1902~81)が戦時中に疎開した倉敷市真備町地区で、24日開かれたコスプレイベント「1000人の金田一耕助」。西日本豪雨で大きな被害を受け開催が危ぶまれたが、名探偵・金田一耕助などに扮(ふん)した過去最多の121人のミステリーファンが被災地を応援しようと駆けつけ地元の人たちと交流した。【戸田紗友莉】

 イベントは倉敷市などが主催し、今年で10回目。参加者は毎回、JR清音駅(総社市)から真備町岡田地区…

この記事は有料記事です。

残り473文字(全文687文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 台風15号が千葉県直撃 組閣を優先した「棄民」政権

  2. ORICON NEWS 窪田正孝&水川あさみが結婚 正式発表「にぎやかで面白い家庭を」[コメント全文]

  3. 松井・大阪市長の処理水発言に、近隣県知事らが異論

  4. 沖澤のどかさん、ブザンソン指揮者コン優勝 小澤征爾さんや佐渡裕さん輩出

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです