メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小倉ふる里どり

“幻”の鶏、小倉南の私立中学生が飼育・出荷へ 関係者、波及効果に期待 /福岡

 北九州市のブランド鶏「小倉ふる里どり」を、小倉南区平尾台2の私立・北九州子どもの村中学校の生徒たちが授業の一環で飼育することになり、ヒナ13羽が手作りの鶏舎に運び込まれた。年度内の出荷を目指す。肉質に定評があるものの生産量は少ない鶏。関係者は「こうした動きが広まれば、増産や認知度アップにつながる」と期待する。【宮本勝行】

 同中の授業「プロジェクト活動」の一つに「くらしの文化館」があり、全生徒36人のうち13人が取り組ん…

この記事は有料記事です。

残り730文字(全文942文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  2. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 「規律と自主性」ぶつかり合い、そして歩み寄ったリーチ主将とジョセフHC 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです