メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

横光利一俳句大会

最高賞は鹿児島・伊地知さん 中学生以下に大分・西さん 宇佐 /大分

 「文芸時代」を創刊するなど文壇をリードした横光利一(1898~1947年)の名を冠した「第20回横光利一俳句大会」が24日、宇佐市の宇佐文化会館であった。今回は選者の写真家、浅井慎平さんも駆けつけたほか、俳人の夏井いつきさんが句会ライブを開き、盛り上がった。

 大会は横光の生誕100年を記念し、1998年に横光の父の出身地という縁で、同市と市教育委員会の主催でスタート。20年間で、延べ応募句は約15万句。今年も一般と、中学生以下の部で計7275句が集まった。

 最高賞の横光賞には、「一般の部」で鹿児島県姶良市の元教諭、伊地知順一さんの「遠くより来る顔して鬼や…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  3. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  4. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  5. 後絶たぬ高齢ドライバーの事故 操作ミス原因が最多

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです