メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

加害者家族を支えて10年(その1) 顔上げられるように

東京学芸大の人権教育の授業で、学生に語り掛けるNPO法人「ワールドオープンハート」の阿部恭子理事長=東京都小金井市で2018年11月8日、田中理知撮影

 その知らせは、元夫からの突然の電話によってもたらされた。長男が交際相手に対する殺人未遂容疑で逮捕された--。テレビが報じたと聞き、女性(40代)は耳を疑った。

 どうすべきか。何も思い浮かばない。夕方、警察から連絡を受けた。夢だったらとの願いと、「生活はどうなるのか」との不安が入り交じる。友人から、犯罪加害者家族を支援するNPO法人「ワールドオープンハート」(WOH、本部・仙台市)を紹介された。わらをもつかむ思いで阿部恭子理事長(40)に連絡し、裁判などの説明を受けた。勇気を奮って勤め先の上司にも説明し、理解を得た。

 だが、気持ちは追い詰められたままだった。食事をしてもいいのか。青空の下を歩いていいのか。息を吸うこ…

この記事は有料記事です。

残り474文字(全文785文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです