メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

英EU離脱協定案 政治無関心、皮肉な逆説=京都大教授・中西寛

中西寛、京都大学教授=東京都千代田区で2018年3月7日、太田康男撮影

中西寛(ひろし)

 来年3月29日に予定されている英国の欧州連合(EU)からの離脱協定案が当局間で合意され、離脱交渉がクライマックスを迎えている。交渉の帰趨(きすう)はヨーロッパだけの問題でなく、来年の世界を占う上でも重要な意味をもっている。

 協定案は600ページ近い大部なものだが、英国のEU離脱を完全決着させるものではなく、2020年末までを移行期間として困難な争点についてさらに交渉を続けるための中間的な協定である。離脱後のEUとの通商協定交渉と共に最難問となったのは、当初は争点としてほとんど意識されなかったアイルランド島内にある英国の一部の北アイルランドとアイルランド国との間の国境問題だった。

 かつて英国の一部であったアイルランドは、1922年にその南部がアイルランド自由国として独立した。し…

この記事は有料記事です。

残り1402文字(全文1753文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ツイッターに犬暴行映像 小型犬首つり、地面にたたきつけ 通報相次ぎ福岡県警捜査へ

  2. エレキテル連合の中野さんが結婚 松尾アトム前派出所さんと

  3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  4. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  5. 総額数億円?選手1人の不正だけで、なぜ高額配当連発 競艇八百長事件の仕組みを探る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです