メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

万博、重い民間負担 埋め立て地、どう防災

 55年ぶりに大阪で開催されることになった2025年国際博覧会(万博)。4年前には松井一郎・大阪府知事らの私案に過ぎなかった構想は、政府や松井知事が代表を務める日本維新の会、経済界などそれぞれの思惑が絡み合いながら実現に至った。官民一体の誘致活動が実を結んだ形だが、今後は開催に向けた具体的な課題が待ち受ける。

 25年5月の開幕まで6年半。1964年の東京五輪後の景気を支えた70年万博と同様に、20年東京五輪…

この記事は有料記事です。

残り2062文字(全文2267文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ピラミッド違法登頂が動画投稿で発覚 デンマーク人カップル裸で抱き合う姿も 
  2. 逮捕前のゴーン前会長、西川社長の更迭計画 米紙報道
  3. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  4. 「拘置所でXmas」再逮捕ゴーン前会長の勾留状況に仏メディア批判的
  5. NASAの探査機が太陽圏外に 1977年に打ち上げ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです