メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

万博、重い民間負担 埋め立て地、どう防災

 55年ぶりに大阪で開催されることになった2025年国際博覧会(万博)。4年前には松井一郎・大阪府知事らの私案に過ぎなかった構想は、政府や松井知事が代表を務める日本維新の会、経済界などそれぞれの思惑が絡み合いながら実現に至った。官民一体の誘致活動が実を結んだ形だが、今後は開催に向けた具体的な課題が待ち受ける。

 25年5月の開幕まで6年半。1964年の東京五輪後の景気を支えた70年万博と同様に、20年東京五輪後の景気浮揚策としても期待されるのが大阪万博だ。だが、高度成長期を迎えた70年とは、経済環境が大きく異なる。誘致レースで有力視されたフランスは、今年に入って財政負担を理由に立候補を取り下げている。

この記事は有料記事です。

残り1964文字(全文2267文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. 俳優の伊藤健太郎容疑者逮捕 ひき逃げの疑い、女性重傷「離れたのは間違いない」

  3. 特集ワイド 学術会議問題◀◀井筒監督 若者よ、立ち上がれ キナ臭いよな 権力むき出しの暴力

  4. ここが焦点 大阪の経済成長、本物? 11~17年度、全国平均届かず 15年度以降、訪日客増で好況

  5. ORICON NEWS 伊藤健太郎容疑者、12月放送予定のNHKドラマ降板 オンデマンドでの作品販売も停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです