メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

万博、重い民間負担 埋め立て地、どう防災

 55年ぶりに大阪で開催されることになった2025年国際博覧会(万博)。4年前には松井一郎・大阪府知事らの私案に過ぎなかった構想は、政府や松井知事が代表を務める日本維新の会、経済界などそれぞれの思惑が絡み合いながら実現に至った。官民一体の誘致活動が実を結んだ形だが、今後は開催に向けた具体的な課題が待ち受ける。

 25年5月の開幕まで6年半。1964年の東京五輪後の景気を支えた70年万博と同様に、20年東京五輪…

この記事は有料記事です。

残り2062文字(全文2267文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深海ザメ「ラブカ」捕獲後に死す 生態不明、標本にして研究へ 和歌山・串本 

  2. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  3. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  4. レオパレス、全取締役解任要求に反対 大株主は事業売却迫る

  5. 伊方原発、運転差し止め 広島高裁仮処分 地裁支部決定を取り消し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです