メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「安息の地」へ

同時進行ルポ 23日・ティフアナ 米移住、夢追い続け

おどける長男ホルヘちゃん(中央)を囲み、笑顔がはじけるウレアさん(左)と妻シンディさん=メキシコ北西部ティフアナで11月23日、山本太一撮影

 治安悪化と貧困を逃れ、米国を目指す移民集団「キャラバン」に参加したホンジュラス人、ホルヘ・ウレアさん一家は、メキシコ北西部バハカリフォルニア州ティフアナでメキシコ政府に難民認定を申請した。トランプ政権の誕生で移民・難民に厳しくなった米国に比べ、同州政府は申請中から仕事を仲介してくれる。米国への移住は、いつかかなえたい夢として追い続けるつもりだ。

 メキシコの移民当局は、米国入国前の目的地をティフアナと決めたキャラバンのため、市内に臨時事務所を開設していた。ウレアさんは事務所を訪れて難民認定申請書を提出し、担当者との面接に臨んだ。

この記事は有料記事です。

残り785文字(全文1052文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛子さまが学習院大文学部へ進学 推薦入試合格

  2. 「アカデミー賞はどうなってるんだ」トランプ氏、韓国作品の受賞に不満

  3. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  4. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  5. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです