メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

加害者家族を支えて10年(その2止) 孤立防ぎ命を守る

加害者家族(手前)の話を聞くNPO法人「ワールドオープンハート」の阿部恭子理事長=仙台市内で2018年11月18日、田中理知撮影

 

 ◆加害者家族支援の先駆者

「私たちしかいない」

 犯罪加害者家族の支援団体「ワールドオープンハート」(WOH、本部・仙台市)の阿部恭子理事長(40)を支援の道へ導いたのは、一本の映画だった。

 「手紙」(2006年公開)。直木賞作家、東野圭吾さん原作で、弟の進学資金のため強盗殺人事件を起こした兄と弟の苦悩や周囲の人との関わりを描いた作品だ。阿部さんが東北大大学院法学研究科に在籍中の07年に受講した、自殺者対策など社会問題の解決策を探るゼミで上映された。当時、阿部さんは自殺の調査研究をするNPO法人設立を志し、社会的少数者の知識を深めようとしていた。

 担当教授だった佐分利応貴(さぶりまさたか)現・笹川平和財団安全保障事業グループ長(50)が上映の意…

この記事は有料記事です。

残り4834文字(全文5161文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  4. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  5. 「学びに年齢は関係ない」62歳男性が経済学部代表 京大卒業式 4月からは大学院生

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです