メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いのちのほとりで

/8 「聞き書き」で人生つづる 成長うながす「話し言葉」の物語

「聞き書き」の全国大会では、参加者が手がけた作品がずらりと並べられた=岩手県一関市で

 「いま、『聞き書き』にハマっているんです」。今年初め、「がん患者遺族の会」で知り合った看護師は熱心に話していた。これまで多くの患者と向き合ってきたベテランが、いまさらなぜ、「聞いて、書く」というシンプルな活動にのめり込んでいるのか。そのわけが知りたくて、この夏、岩手県一関市であった全国大会に足を運んだ。

 「第5回日本聞き書き学校2018in一関」は、8月31日から3日間、一関市のホテルで医師や看護師、…

この記事は有料記事です。

残り2043文字(全文2246文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです