メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『すきな映画を仕事にして』=中野理惠・著

 (現代書館・1620円)

 映画というと、監督や俳優が華やかな脚光を浴びるのは当然としても、その陰で頑張っている配給会社の人たちがいることは、一般の観客にはほとんど意識されないだろう。しかし、本書を読めばわかるように、世界中で作られている優れた芸術映画や先鋭的な記録映画が観客に届けられるのは、配給のプロの鑑識眼と努力のおかげなのだ。

 本書はパンドラという会社を設立し、自分が「すきな映画」だけを選びながら精力的に配給に携わってきた著…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文471文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神奈川県のHDD流出 逮捕の社員「複数回盗んだ」

  2. 解嘱の「いばらき大使」が肩書詐称認める 「見え張って」名刺に架空の「会社代表」

  3. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  4. ハードディスク「職員が立ち会い確実に破壊を」 総務省が通知

  5. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです