メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

岩間陽子・評 『東西ベルリン動物園大戦争』=ヤン・モーンハウプト著、黒鳥英俊・監修、赤坂桃子・訳

 (CCCメディアハウス・2808円)

時におかしく、哀しく、グロテスク

 「ベルリン動物園(ツォー)駅」は、かつて西ドイツから来る列車の西ベルリンでの終着駅であった。世界広しと言えども、大都市の中央駅が、「動物園駅」というのも珍しいだろう。おそらく東西間で、管轄の問題が整理できず、駅舎の修理ができなかったのだろう。1980年代になっても恐ろしく汚く、「ついさっきまで戦闘があったのではなかろうかと錯覚しそうな」場所であった。

 西ベルリン動物園は、そこから徒歩数分のところにあるのだが、実は私は一度も入ったことがない。何という…

この記事は有料記事です。

残り1250文字(全文1512文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京駅八重洲口歩道にタクシー乗り上げ 1人軽傷
  2. トランプ氏相撲観戦 升席で「特別扱い」
  3. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  4. 徴用工問題 財団での救済案浮上も文在寅政権は消極姿勢崩さず
  5. トランプ大統領「貿易交渉で大きな進展」 ゴルフ・昼食時に首相と協議か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです