メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全日本実業団対抗女子駅伝

クイーンズ駅伝 日本郵政・パナ軸に きょう号砲

記者会見後、記念撮影に応じる各チームの代表選手たち=仙台市で2018年11月24日、玉城達郎撮影

 「クイーンズ駅伝in宮城 第38回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会」(日本実業団陸上競技連合主催、毎日新聞社・TBSテレビ・宮城県など共催、東京エレクトロン特別協賛)は25日、宮城県で開催される。

 連覇を狙うパナソニックなど前回大会の8位以内でシードされた「クイーンズ8」と、10月の予選会(プリンセス駅伝)を突破した14チームの計22チームが出場。24日は仙台市内で監督会議があり、各チームの区間オーダーが承認された。

 エース区間の3区(10・9キロ)に、パナソニックは高卒2年目の渡辺菜々美を起用。2016年リオデジャネイロ五輪代表の鈴木亜由子(日本郵政グループ)、上原美幸(第一生命グループ)、高島由香(資生堂)、福士加代子(ワコール)や、17年世界選手権代表の松田瑞生(ダイハツ)も3区に入った。

この記事は有料記事です。

残り1248文字(全文1601文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  4. 特集ワイド 「桜を見る会」スクープ、赤旗 視点変え、見えた腐敗

  5. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです