メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

おかえり、ブルゴーニュへ ワインづくりの家族と自然を手間かけ映像化

 フランスのブルゴーニュといえばワインで有名。そのワインづくりを担うのが、栽培と醸造を一括して行う、ドメーヌと呼ばれるワイナリー。自家農園のブドウがちょうどいい甘みになったら摘み取り、醸造し、瓶詰めまでするんですね。そんなドメーヌのひとつが舞台の家族ドラマです。

 代々ワインをつくってきたドメーヌの長男ジャンは、外の世界を見ようと家から飛び出した。それから10年、ジャンはパートナーの女性とともにオーストラリアでワインをつくってきましたが、父親が重篤だと知り、ブルゴーニュの家に戻ってきます。妹のジュリエットは歓迎しますが、弟のジェレミーは微妙。勝手に家を出て、音信不通のまま。お母さんが亡くなったときにも帰ってこなかったのに今ごろなんだというわけです。

 そのお父さんが亡くなります。すぐ直面する課題が、相続税の支払い。ワインづくりを続けたくても、その収…

この記事は有料記事です。

残り1232文字(全文1609文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

  5. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです