メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

競馬

1番人気のアーモンドアイがJC優勝 レコード更新

 中央競馬の第38回ジャパンカップ(G1)は25日、東京競馬場の芝2400メートルに外国馬2頭を含む14頭が出走して行われ、今年の牝馬3冠で単勝1番人気のアーモンドアイが中央競馬のレコードタイムを1秒5更新する2分20秒6で優勝し、賞金3億円を獲得した。国枝栄調教師はジャパンカップ初勝利。クリストフ・ルメール騎手はウオッカに騎乗した2009年以来、2勝目。これで今年のG18勝目で自身の持つ年間記録を更新した。

 昨年の菊花賞馬キセキがよどみのないペースで逃げる中、道中2、3番手につけたアーモンドアイは直線の半ばでキセキを捉え、1馬身4分の3差を付けて快勝した。

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文579文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 残業176時間「ごめん、辛抱できん」 近大職員が自殺 労災認定求め国提訴

  2. 緊急事態、愛知県が独自宣言 6~24日 不要不急の県境移動自粛を要請

  3. 都内でも「うがい薬は売り切れ」の張り紙 一夜にして店頭から消えた 「吉村知事会見」を考える

  4. 大阪で新たに196人感染 過去3番目の多さ 障害者施設でクラスターか

  5. 福岡県「飲み会は2時間以内」「2次会控えて」 コロナ警報を発動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです