メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台湾

統一地方選大敗 蔡総統、次期総統選出馬は不透明に

蔡英文総統=2018年4月、福岡静哉撮影

 【台北・福岡静哉】台湾で次期総統選(2020年)の行方を占う統一地方選が24日、投開票された。台湾メディアによると、与党・民進党は焦点の22県市長選で、強固な地盤だった南部・高雄市長選で敗れるなど首長ポストを現有13県市から6県市に半減させ、大敗した。蔡英文総統(62)は同日夜、「結果の責任を取り、民進党主席を辞任する」と述べた。蔡氏は総統職にはとどまるが、再選を目指してきた次期総統選への出馬は不透明になった。一方、最大野党・国民党は現有6県市から15県市に大幅に増やして、躍進。次期総統選での4年ぶりの政権奪還に向けて弾みをつけた。

 民進党は、20年にわたり守ってきた高雄市長のポストを人気の高い国民党新人に奪われ、大きな打撃となっ…

この記事は有料記事です。

残り475文字(全文795文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです