メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台湾

統一地方選大敗 蔡総統、次期総統選出馬は不透明に

蔡英文総統=2018年4月、福岡静哉撮影

 【台北・福岡静哉】台湾で次期総統選(2020年)の行方を占う統一地方選が24日、投開票された。台湾メディアによると、与党・民進党は焦点の22県市長選で、強固な地盤だった南部・高雄市長選で敗れるなど首長ポストを現有13県市から6県市に半減させ、大敗した。蔡英文総統(62)は同日夜、「結果の責任を取り、民進党主席を辞任する」と述べた。蔡氏は総統職にはとどまるが、再選を目指してきた次期総統選への出馬は不透明になった。一方、最大野党・国民党は現有6県市から15県市に大幅に増やして、躍進。次期総統選での4年ぶりの政権奪還に向けて弾みをつけた。

 民進党は、20年にわたり守ってきた高雄市長のポストを人気の高い国民党新人に奪われ、大きな打撃となっ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高校担任が女子生徒とキス 6年後にシール見つかり発覚 停職3カ月 新潟県教委
  2. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  3. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  4. 「応援大使」田口淳之介容疑者逮捕 熊本市「絶句」
  5. ORICON NEWS 新婚夫・廣瀬智紀に“二股”報道 川栄李奈「本人にしかわかりません」「今後頑張りましょうか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです