メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

EU

英離脱協定、正式合意へ 反発スペインとも妥結

英国のメイ首相=ロンドンで2018年11月14日、AP

 【ブリュッセル八田浩輔、矢野純一】欧州連合(EU)は25日にブリュッセルでEU臨時首脳会議を開き、英国の離脱の条件を定めた協定案などに正式合意する。英国の離脱を約4カ月後に控え、交渉は大きな節目を迎える。直前にEU加盟国のスペインが合意案での英領ジブラルタルの扱いを巡って強硬に反発するなどEU内で足並みの乱れが表面化し、首脳会議の開催が危ぶまれたが、24日午後の英国、EUとスペインの間の協議で妥結した。

 英・EUはこれまでの交渉で、双方の市民の権利の保障など離脱の条件を定めた585ページの「離脱協定」と、将来の関係の大枠を示す「政治宣言」の各草案に暫定的に合意した。25日の首脳会議では、英国と残りの27加盟国の間で正式に合意し、今後は双方の議会にはかる手続きに進むことを目指している。

この記事は有料記事です。

残り628文字(全文975文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「黄信号」点灯間近に 基準緩和の大阪モデル 1週間で感染100人超

  2. 新型コロナ「後遺症」研究へ 退院後も息苦しい、疲れやすい… 厚労省、2000人対象

  3. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  4. 草彅剛さん、来年のNHK大河ドラマで徳川慶喜役「僕の人生にも大きな役」

  5. 夜通しパーティーやカラオケ…看護師3人感染 患者2人も 奈良、拡大恐れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです