メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロシア

ウクライナ軍に発砲 クリミア近海 6人負傷、緊張高まる

 【キエフ大前仁】ロシアが2014年に編入したウクライナ南部クリミア半島周辺の黒海海域で25日、ロシアの国境警備隊が「ウクライナ海軍艦船が領海侵犯した」として発砲し、負傷者が出た。ウクライナのポロシェンコ大統領は26日未明に事実上の戒厳令施行を提案する考えを示し、国連安全保障理事会も同日に緊急会合を招集する予定で、軍事的な緊張が高まっている。

 ロシアとウクライナは最近、両国に近接するアゾフ海の通行権などを巡り相互批判を繰り広げていた。

この記事は有料記事です。

残り484文字(全文703文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富士通 早期退職に2850人
  2. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  3. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  4. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介
  5. 大津中2自殺 いじめとの因果関係認定 元同級生側2人に賠償命じる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです