メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロシア

ウクライナ軍に発砲 クリミア近海 6人負傷、緊張高まる

 【キエフ大前仁】ロシアが2014年に編入したウクライナ南部クリミア半島周辺の黒海海域で25日、ロシアの国境警備隊が「ウクライナ海軍艦船が領海侵犯した」として発砲し、負傷者が出た。ウクライナのポロシェンコ大統領は26日未明に事実上の戒厳令施行を提案する考えを示し、国連安全保障理事会も同日に緊急会合を招集する予定で、軍事的な緊張が高まっている。

 ロシアとウクライナは最近、両国に近接するアゾフ海の通行権などを巡り相互批判を繰り広げていた。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 次期堺市長選に維新が候補擁立の意向 松井代表、竹山氏を批判「潔くなかった」
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. 維新が兵庫で勢力拡大 大阪の勢い取り込み 県内市議選、18人中17人当選
  5. 低速で横断歩道に進入 ドライブレコーダーに運転手の叫び声も 神戸・バス事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです