メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見上げてごらん

遠く小さな星の上で=永山悦子

 日本の小惑星探査機「はやぶさ2」が、地球から3億キロ、太陽の向こう側のかなたにある小惑星リュウグウで探査に挑んでいる。

 はやぶさ2は先月下旬、直径10センチのボールを小惑星に落とした。灯台のように光り、着陸する探査機の道しるべになる「ターゲットマーカー」だが、国内外約18万人の名前をリュウグウへ届けるというもう一つの大切な任務もあった。

 ボールの中に入れたシートに極小の文字で名前が記され、私の名前も、その一人としてリュウグウ到着を果た…

この記事は有料記事です。

残り724文字(全文944文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  4. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  5. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです