メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

国内有数の俳諧資料、柿衞文庫 「次代へ、開かれた場に」 理事長に就任・坪内稔典さん

 本紙朝刊コラム「季語刻々」でおなじみの俳人、坪内稔典さん(74)が、国内有数の俳諧コレクションを誇る柿衞(かきもり)文庫(兵庫県伊丹市)の理事長に就任した。大学教授の職を定年で務め終えた後も執筆他で日々多忙なネンテンさん。いわゆる名誉職で引き受けたのではない。むしろ、野望たっぷり。小さな集まりに参加し、坪内さんのたくらみを聞いた。【岸桂子】

 酒どころ・伊丹にある柿衞文庫は、酒造業を継ぎながら俳文学者として活躍した元伊丹市長、岡田利兵衞(りへえ)(1892~1982年)が収集した俳諧資料をもとに設立され、84年に開館した。柿衞は利兵衞の号である。

この記事は有料記事です。

残り1302文字(全文1578文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 森法相、黒川氏訓告は「法務・検察で判断」 官邸主導の一部報道を否定

  3. 無言の抵抗の思いとは?医療従事者100人、ベルギー首相に背を向け「冷たい歓迎」

  4. 内閣支持率27%に急落 黒川氏「懲戒免職にすべきだ」52% 毎日新聞世論調査

  5. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです