メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
Topics

国内有数の俳諧資料、柿衞文庫 「次代へ、開かれた場に」 理事長に就任・坪内稔典さん

 本紙朝刊コラム「季語刻々」でおなじみの俳人、坪内稔典さん(74)が、国内有数の俳諧コレクションを誇る柿衞(かきもり)文庫(兵庫県伊丹市)の理事長に就任した。大学教授の職を定年で務め終えた後も執筆他で日々多忙なネンテンさん。いわゆる名誉職で引き受けたのではない。むしろ、野望たっぷり。小さな集まりに参加し、坪内さんのたくらみを聞いた。【岸桂子】

 酒どころ・伊丹にある柿衞文庫は、酒造業を継ぎながら俳文学者として活躍した元伊丹市長、岡田利兵衞(り…

この記事は有料記事です。

残り1356文字(全文1578文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 香港のブルース・リー宅取り壊し ファン、保存訴えるもかなわず

  3. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  4. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  5. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです