メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 故郷・福島のために 米国在住翻訳家、映画上映会 世界に伝えたい

東京電力福島第1原発事故後の福島を追ったドキュメンタリー映画の上映会場で、観客を迎え入れるクレアリー寛子さん(右)=福島県二本松市で2018年11月15日午後1時1分、喜屋武真之介撮影

 福島県二本松市出身の翻訳家、クレアリー寛子さん(46)=米国ミシガン州在住=が、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故後の福島を追ったドキュメンタリー映画の上映会を国内外で開いている。胸にあるのは「日本を出た私にもできることを」との思い。海外に拠点を置きながら、故郷の現状を伝えるために見つけた道だ。【宮崎稔樹】

 二本松市内で15日にあった上映会。用意された100人分の客席は埋め尽くされていた。ハワイや三重県な…

この記事は有料記事です。

残り887文字(全文1094文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 子宮頸がん HPVワクチン 放置はもうゆるされない 厚労省は逃げるな

  2. ORICON NEWS 『大家さんと僕』舞台のアパートで福山雅治が映画撮影 矢部太郎も郵便局員役で出演

  3. 質問なるほドリ 議員は国会休んでいいの? 出席義務初日以外なし、「給料」は満額で支給=回答・古川宗

  4. かんぽ再開、3度目延期へ 不正契約9000件に 調査完了のめど立たず

  5. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです